TOPページ吹奏楽 > トイボックス

吹奏楽

表紙:トイボックス
【企画・製作】 (株)CAFUAレコード

パンフレットダウンロード

パンフレット請求

トイボックス

ユニバースからの新提案

楽譜CDイメージ:セット内容

【セット内容】フルスコア&パート譜全9作品・特典CD1枚(全9曲)

本体価格 79,000円

  • アドバイサー
    写真:小長谷 宗一
    小長谷 宗一
    作曲家
  • アドバイサー
    写真:坂井 貴祐
    坂井 貴祐
    作曲家
【演奏】
海上自衛隊横須賀音楽隊
【指揮】
樋口好雄

ひと味違った選曲でコンサートをより楽しいものに

演奏し勝手のよい「ファンファーレ」&「マーチ」。演奏会の《もう一曲》に。

シビック・ファンファーレ&マーチ
作曲:坂井貴祐/演奏時間:約3分
疾走感のある「ファンファーレ」と親しみやすい「マーチ」からなる作品。両曲はアタッカでつなげることも、それぞれ単独で演奏することも可能。「ファンファーレ」をオープニングに、「マーチ」をアンコールに、という使い方もできるでしょう。
「マーチ」の中には「ファンファーレ」で使用されたメロディーや音型も内包されており、全体の統一が図られています。(坂井貴祐)

20人程度の小編成バンドにぜひ。楽器紹介やスタンドプレーの演出も楽しめます。

鉄腕アトム
作曲:高井達雄/編曲:三浦秀秋/演奏時間:約3分30秒
こ存知「鉄腕アトム」のテーマ曲を、パート紹介風のバリエーションにアレンジしました。いかにも幕開けといった感じのオープニングで始まり、比較的原曲に近いマーチスタイルでメロディが登場したあとは、ウインナワルツ、ギャロップなど、名曲クラシック音楽のエッセンスや断片を交えつつ、各楽器へ順番にメロディが移り変わります。
ピアノ入りのアレンジですが、シロフォンで代奏することで、ピアノなしでも演奏可能です。(三浦秀秋)

本格的なオーケストラ作品の原曲を生かしたシンフォニックアレンジ。

交響組曲「ウルトラマンG(グレート)」より メインタイトル~銀色の巨人~
作曲:風戸慎介(川辺真)/演奏時間:約6分30秒
「銀色の巨人」は数あるウルトラマン中で唯一外国向けに撮影されたシリーズ「ウルトラマングレート」のサウンドトラックからのメインテーマです。出演者及び制作スタッフも外国人でCG効果も含め撮影はすべてオーストラリアで行われました。音楽も通常のウルトラマンの雰囲気から少し離れ、よりハリウッドを意識したサウンドをめざし、本編はオーストラリアのアデレート交響楽団によって録音されました。
今回の吹奏楽版はオリジナルの楽譜をもとに原調のままメロディー、楽器もほぼそのままに原曲を出来るだけ忠実に再現したいと思い編曲したものです。(風戸慎介[川辺真])

バッハのような深淵な響きの「たいやきくん」悲劇的なのにちょっと可笑しい。

およげ!たいやきくん(オルガンと吹奏楽のための)
作曲:佐瀬寿一/編曲:井澗昌樹/演奏時間:約3分30秒
日本で最も売れたシングル盤(若い方は分からないかもしれません…)であり、やや意外なことに童謡として認定されている。曲調に加え、示唆に富んだ歌詞が何ともくすんだ魅力を放っており、ふと人生を振り返りたくなりはしないか。年齢によって、或いは生き方によって“世界”や“自由”の意味は大きく異なるものだが、憧れとは風邪のようなもので、幾つになっても体の中に時折やってくる。
それは例えば水面に映った自分の姿、手を伸ばせば崩れてしまうものだと私は思っているので、海に飛び出す勇気はないのだけれど編曲において、人問の持つ悲劇性をほんのちょっぴり強調しています。(井澗昌樹)

美しくも力強い、魂が震える名アレンジ。

アメイジング・グレイス
編曲:井澗昌樹/演奏時間:約6分
最も知られた賛美歌の一つであり、日本においても様々な場面で耳にする。素朴でありながらも極めて豊かな表情を含んだその旋律は、正に常しえの祈り。祈ることとは人間の根源的な要求の一つだと真に思う。作品にこのような性格を与えたい時、私はオスティナートに依ることが多く、この楽譜も例に漏れない。過剰なアゴーギクよりは、積もり積もってやがて溢れていく人間の感情というものを大切にしてください。(井澗昌樹)

キッチン用具と吹奏楽のための協奏曲。楽しい演出と演技で盛り上がります!

パニックキッチン協奏曲~キッチン用具と吹奏楽のための~
作曲:阿部勇一/演奏時間:約6分
ロッシー二作曲「ウィリアムテル序曲~スイス軍隊の行進~」をベースに『食』に関係した(こじつけも含む)いくつかの名曲を数々散りばめた、美味しいとこ取りの「迷曲」。
主役の「キッチンパーカッション」には些か専門的な道具が混じっておりますが、家庭にある物、100円ショップやホームセンターなどで購入できるものが殆どです。表記以外の新たなキッチン用具やシルバー類、食器類を加えたり、ソロでなく複数の奏者で演奏するなどしてもよいでしょう。コックコートやエプロンを付けて何らかのパフォーマンスをしながら演奏するなんていう仕立ても面白いかもしれません! 但し、ベースは偉大なる巨匠たちの名曲ですから、管楽器の皆さんはその素晴らしさをきちんと伝えるべく堂々たる演奏をしてください。演奏が格好良いほど「パニクるキッチンPerc隊」が引き立ちます!いろんな「パニックキッチン」が生まれることを楽しみにしています。(阿部勇一)

アンダーソンの名曲を大胆にアレンジ。ラッパ吹きたちの妙技が光る!

トランペット吹きの休暇~ルロイ・アンダーソンとたくさんのトランペット吹きのために~
作曲:ルロイ・アンダーソン/編曲:長谷宗一/演奏時間:約6分30秒
ルロイ・アンダーソンの名曲「トランペット吹きの休日」へのオマージュとして書いた作品。同曲のメロディがロック調、ボサノバ調などと表情を変えながら進行し、後半ではパロディ風のファンファーレや、「Chase」の名曲のワンフレーズが聞こえたりと、全体的に肩の力の抜けた作品に仕上げてあります。
アンダーソンの作品のカッコ良さに、酒落っ気(「オシャレ」と、冗談の「シャレ」の意味も込めて)を加味したアレンジで、演奏会でのちょっとした目玉作品としても演奏いただけるかと思います。(小長谷宗一)

トロンボーン大活躍!華麗なスライドの動きに目を奪われます。

スライダーズ・ミックス
作曲:酒井格/演奏時間:約5分
トロンボーンと言えば、まず思い浮かぶのが、あの楽しそうに音程を変えることの出来るスライド、そして何よりアンサンブルでの美しいハーモニーですね。
この曲は、そんな楽しくて美しいトロンボーンセクションと吹奏楽のための小品です。タイトルも、トロンボーンを演奏する(スライドを動かす)人たちが交わる、交流する、そんな願いを込めてつけてみました。
この曲を通じて、トロンボーンの仲問が増え、またバンド同士の交流も深まれば嬉しいです。(酒井格)

初期サザンの名曲をメドレーに。ハイテンションなステージに!

サザンオールスターズ☆アーリー・ヒッツ
作曲:桑田佳祐/編曲:小長谷宗一
サザン初期のヒット作をメドレーにしたアレンジ。 「勝手にシンドバット」(1978),「C調言葉に御用心」(1979)、「いとしのエリー」(1979)、[Oh!クラウディア」(1982)、「チャコの海岸物語](1982)、「夏をあきらめて」(1982)、「私はピアノ」(1980)、 「思い過こしも恋のうち」(1979)、「ミス・ブランニュー・デイ」(1984)と続けて演奏されて、そのあとは再び「シンドバッド」に戻り、「ラララ~~」の大合唱でクライマックスとなります。
デビュー当時の初々しさ、若々しさに溢れたサザンの楽曲、今どきの方も新鮮に楽しんでもらえるものと思います。(小長谷宗一)

モデル演奏CD付き

トイボックス
全9曲(50min)

ページの先頭へ